夢精

夢精とは


夢精は、男性が睡眠中に性的な夢を見て、陰茎が勃起し、射精に至る現象をいいます。

精子の生成が盛んになる10〜15歳くらいの思春期の男子に多く見られ、生産過剰になった精子、あるいは一時的な疾病によって受精能力の低下した精子を体外へ放出しようとする生理的な働きでもあります。

ただし、具体的にどのような生理学的機序によってこの現象が引き起こされるのかは現代の医学でもよく解っていません。

成人男性の場合、一晩の睡眠時に起こる夜間勃起現象は6〜8回。

その際に性的な夢を見て無意識のうちに興奮すると、尿道と膀胱の境目である内尿道口が閉鎖して、陰部の律動的な収縮が起こり、射精することがあります。

これが夢精と呼ばれるものです。

内尿道口が閉鎖しないと精液は膀胱へ逆流してしまい、射精には至りません。

そのうえで前立腺や陰部の筋肉が収縮することで、精液が射出されるというものです。

夢精

夢精の原因


一説として疲労やストレスが溜まっている際にも、筋肉の硬直から引き起こされやすいようです。

夢精の時に見る夢は、覚えていないことも多いのですが、本人が潜在的に持っている性的願望の現れであると考えられます。

夢精時には極度の興奮によって性器に物理的刺激を特に与えることなしに射精が起こるのが特徴です。

一度夢精を経験すると性的快感に目覚め、マスターベーションへとつながっていくことが多いとされています。

しばしば宗教や文化によって、夢精は淫魔のような存在によって引き起こされるのだと説明される事もあるようです。

夢精

夢精 対処法


夢精は思春期になったというひとつのあらわれであり、健康な若い男性なら誰でも起こるもので、生理的なものであって、病気ではありませんが、夢精が毎晩起こったりするようになると病的なものといえます。

病的なものは、その原因となる病気を治すことが必要です。

そのほかに過労や、神経衰弱、性的なノイローゼが原因となることもあるので、できるだけ精神的な過労を避けるように努めることが大切です。

夢精

夢精 個人差


夢精の起こりやすい男性と起こりにくい男性がいるとされています。

これは体質であると言われていますが、夢精の具体的なメカニズムがいまだ不明であるため、医学的な説明は不可能です。

仮に夢精のメカニズムが医学的に解明されれば、人為的に夢精を引き起こすことが可能になると考えられますが、今のところ、そのようなことは行われていないようです。

夢精

夢精と精通


精通とは男子が性的に成熟していく過程で生まれて初めて射精を経験することです。女子の初潮に相当するものです。

多くの場合、夢精またはオナニーにより経験します。

フィクションでは性交によって経験するものもあります。

男子では思春期以降、性的成熟に伴い、精液が精巣・精管・前立腺・精嚢などで生産されるようになります。

生産過剰になった精液が蓄積の限界を超えると睡眠中に夢精という形で体外へ放出されます。

または、好奇心で性器を触ったり、友達などに教えられて性器を刺激することにより精通を経験します。

大部分の男性にとって精通は初めてのオーガスムで、その強烈な快感と射精現象というそれまで経験したことの無い二つの現象を同時に経験するために、非常に印象的な経験となりますが、女子の初潮とは違って、家族に大っぴらに話すべき内容でないと本人が考える傾向があるため、一人で悩む場合も少なくないようです。

  1 2  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。